上部消化管検査



~胃内視鏡、胃カメラ、GIFとも言います~

内視鏡で食道~胃~十二指腸の内部を直接観察する検査です。
病変部から組織を採取し、細胞像を調べることもできます。
高解像能を持つ最新鋭の電子内視鏡(直径が約5㎜と非常に細いものを使うため、苦痛を伴いません)を用い、短時間(約4分)で検査をします。
内視鏡室専門の看護師が介助を行いますので、リラックスしながら検査をお受け頂けますので安心です。

<検査の流れ・注意事項>

★検査前日
午後9時までに軽めに夕食をすませて下さい。
食事の内容は普段通りで結構です。
就寝までは、内服薬、水分の摂取は構いません。
眠前に制酸剤を服用して下さい。

★検査当日
午前中の検査の場合、朝から絶食して下さい。
また朝の薬は服用せずに持参して下さい。検査1時間後に服用して頂きます。
検査終了まで飲食・服薬・喫煙などは控えて下さい。
但し、検査1時間前までは透明な水分(お茶やお水、ポカリスエットなど)なら、少量に限り
お飲み頂いても結構です。

★検査終了後
検査終了後1~2時間は禁煙、絶飲食して下さい。
組織採取を受けられた場合、当日はお酒などは飲まないで下さい
また長時間の入浴やスポーツなども2日間ほど控えて下さい。

<料 金>
もちろん健康保険の対象で、保険診療3割負担の方で検査料のみでは4,000円位です。
但し、確定診断のために組織を採取(生検)した場合、別途5,000円位かかります。
その他、初診料や血液検査、お薬が処方される可能性もありますので、15,000円程度は
御用意下さい。